2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
奥津荘②
- 2009/11/15(Sun) -
以前から「奥津荘」に行ってみたいと思っていた大きな理由は
足元の岩盤の隙間からからポコポコとお湯が沸いて出て、
常に新鮮な源泉100%のお湯が楽しめると言う珍しい温泉だと知ったからです。
男女交替制の(鍵湯、立湯)と貸切湯(川の湯、泉の湯)が24時間入浴OKで
泉質はアルカリ性単純温泉(ラジウム含有)で肌にまとわりつくようにヌルヌルしてます。


まずお部屋に一番近い貸切湯の「川の湯」
ドアのプレートが「空いています」となっていたら入浴OK.
okutusou18.jpg

貸切風呂にしては脱衣場もゆったりとした広さで使いやすいです
okutusou4.jpg

タオルは置いてあったので便利♪、アメニティはシャワーキャップのみだったけど
まっ、お部屋のドライヤーとアメニティを使用すれば問題ないか^^;
okutusou5.jpg

川越しの向かいの建物からの目が気になる人もいるので
目隠しがあるので入浴目線での眺望は望めませんが爽やかさでは1番♪
「川の湯」だけが川のせせらぎや景色を楽しめるので明るい時間帯の入浴がオススメです。
okutusou6.jpg

ここからは地下にある3か所の温泉です。
可愛いタイル貼りの階段を下りると
okutusou20.jpg

左の壁沿いにまたもタイル張りの可愛い絵があって
こういうのを見ると何故か銭湯にあった富士山を思い出して懐かしい感じになっちゃいます
okutusou21.jpg

階段を下りてすぐ右手に「貸切湯の「泉の湯」があります
ドアが空いていれば入浴OKです
okutusou55.jpg

時計を見るとPM9時過ぎですね。夕食の後少し休憩してから入ったんだったかな。
ここにはドライヤーもありました♪
okutusou54.jpg

「奥津荘」で1番小さなお風呂なんですが(その分温度が高めで成分が1番濃いそうです★)
小さいと言っても深さは正座して座って肩まで浸かれて4人位入れるかな?
okutusou27.jpg

「泉の湯」の向かいに男女入替制の「鍵湯」があります
今では「鍵湯」=「奥津荘」と言われる温泉で約500年前、津山播主の森忠政が
この湯の素晴らしさに魅せられ森家専用とする為、一般の入浴を禁止し
番人を置き鍵を下ろした事で村人から「鍵湯」と呼ばれるようになった由来のある温泉です
okutusou49.jpg

大浴場にしては脱衣場が少々狭いけれど、込み合う事が無かったので問題ないかも
okutusou50.jpg

昔ながらの湯冶場の雰囲気を漂わせていて、入る前から大きな期待で胸が高まります♪
okutusou51.jpg

42.6℃の適温で足下の岩の隙間から「ポコポコ」と湧き出てくるので
常に新鮮なお湯で満たされる混じりっ気なしの本物の温泉
okutusou52.jpg

「ポコポコ」と湧き出ているのがこちらです☆
okutuspu28.jpg

わかりやすいように娘の腕をかざしてもらいました。気泡が見えるでしょうか?
okutusou30.jpg

そして最後に1番奥にある「立ち湯」です
okutusou22.jpg

立ち湯の前には休憩処があります
okutusou23.jpg

陶器の入れ物に入った温泉水も冷やされて嬉しいサービス♪
okutusou26.jpg

「立ち湯」の脱衣所は1番広くて綺麗です★
okutuspu25.jpg

いつ行ってもキチンとお掃除されてて気持ち良く使用できました。
okutusou24.jpg

そして、こちらが珍しい「立ち湯」です。
立ったまま入浴するタイプは初めてだったのでちょっとドキドキ♡
深さ120mあり、底の岩はいびつで足元が悪いので気をつけないと危ないです
こちら脱衣所は広いんですが、湯船は小さくて2人で丁度くらい。
なので、宿泊客同士が気を使いながら順番待ちしてマナー良く使用されてました。
okutusou68.jpg


もう本当に「奥津荘」の温泉、最高でした♪♪お肌はシットリ☆身体はポカポカ☆
お肌に浸透し、さらにお肌にまとわりつく奇跡の温泉?とでも言いましょうか!
あまりの泉質の良さに滞在中、何度お風呂に入ったかしら(^_^;)
源泉100%の無加水、無加温冷なので温度調整は自然任せ。
熱目が好きな私でも7月のこの日は少し熱いかな?と感じ、
ぬるめが好きな娘は結構熱かったようで浸かるのに少々時間がかかってました。
お風呂で一緒になったリピーターの方が、「夏場はもっと熱いですよ!」って・・・
その時、私は再訪するなら秋か冬にしようと心の中で呟いたのでした(笑)
スポンサーサイト
この記事のURL | 奥津荘(岡山) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。